変化することに意義がある


意外な主張かもしれないが

人間の本性にとって最も避けたい状況は

「何も変化がなくてつまらない状況」ではなかろうか

苦しみや悲しみは、それ自体は避けたいものだ

しかし

時が経ち状況が変化して

それらを乗り越えることができたあかつきには

その深さに見合った満足感が得られ

味わい深いドラマとして

振り返ることができるようになる

反対に

一切の経験がもたらされない

変化のない状況だけは

どうにも救いようがない

それはいわば

時間が停止し一切の現象を欠く

永遠の「死の世界」

その意味では

「変化」こそが存在や生命の特徴であり

本質であるのだろう

人間に好奇心が備わっており

また宇宙が生々流転を続けて止むことがないことも

なんとなくこの辺りから

その理由がわかってこようというものだ

関連記事

  1. 部分的正義

  2. 本当の安心

  3. 夢の中の問題解決