果てしなき目覚めの道


気づきとは眠りからの目覚め

目覚めた後に初めて気づくのは

自分がそれまでいかに深く埋もれて

眠っていたかということだ

自分はずいぶん目覚めていると思い込んでいた

そんな夢から目覚めた朝に

よくよく振り返って思うのは

この気づきと目覚めを得た朝のことですら

いつか一つの夢にすぎなかったのだと

知る時が来るのだろう

そもそも考えてみるならば

立場があるということはそれだけで

一つの世界にロックインしているっていうことだ

幾重にも幾重にも

これまで眠ってきた私

幾段階も幾段階も

これから目覚めていく私

目覚めの旅はどこまでも

果てしなく続く道だった

関連記事

  1. 人生という冒険

  2. 愛〜私とあなた

  3. 夢の中の問題解決